ミラドライ施術の流れ

ミラドライ 施術までの流れ| カウンセリングから私生活に戻るまでどんな感じ?

ミラドライを実際に受けるとしたらどんな感じの流れになるのか知りたい

施術後はどんな感じになるのか、普通の私生活に戻れるようになるのにどれぐらい日数がかかるのか

あとついでにミラドライを受ける前に知っておいたほうがいい事があれば一緒に知りたいと思っていませんか

本記事では下記の内容についてまとめています。

ミラドライの流れ1  カウンセリングを受ける

まず一番最初にすることはミラドライを受けるクリニックを選ぶ事

それには、各クリニックが用意している無料カウンセリングを利用するのがオススメです。

実際に医師や担当者から施術の内容やメリット、デメリット、について説明を受けます。

まずカウンセリングに行くと、簡単なパッチテスト(皮膚のテスト)を行います。

このテストであなたのワキガレベルがどれ位なのか測る事ができます。

現実を突きつけられる瞬間でもあるのでかなりキツイです。

自分のワキガレベルが分かれば次は施術についての内容説明

主にメリット、デメリットについて説明されます。

内容はネットに書いてある事とほぼ同じ

  • 「100% ⇒ 0%ではない、汗やニオイが人並みになる」
  • 「腫れ・内出血は3日~1,2週間ほど」
  • 「むくみは1ヵ月ほどで焼失」
  • 「ワキのしびれは1~6か月ほど」
  • 「入浴は3日間はダメ」
  • 「運動は1週間禁止」

といった内容の説明を受けます。

中でもミラドライの効果については最初かなり詳しく説明してれるはずです。

ミラドライの流れ2 施術の決意

ミラドライを受けるか受けないか一番悩むところです。

カウンセリングで『100% ⇒ 0%にならない』と聞いて不安になる人もいるはずです。

30万円近くの治療費を支払って効果ないとか恐怖でしかありませんからね

ただ、『やってみない事には間違いなく改善されない』のは事実

迷う人は本当に迷うと思います。

ミラドライの流れ3 施術当日と実際の治療

施術を受けると決意したら次にやる事は施術前の準備です。

と言ってもやる事は一般的な内容です。

  • 施術日の予約
  • 健康管理 (風邪、体調不良だと施術は無理)
  • 施術前日はお酒は飲まない
  • お金
  • 施術当時はお風呂に入らない

中でも重要なのが、施術当日はお風呂に入らない事
クリニックに行くときはなるべくワキに汗をかいた状態で行くようにします。
理由は、できるだけ広範囲の汗腺を除去する為です。
汗が出ている事で視覚的に汗腺の場所がわかるようにするためです。

当日は受付で手続きをして施術の同意書にサインをします。

内容は以下の通り

  • 『個人差の説明』 施術の効果については個人差が出るとの事
  • 『副作用の説明』 施術後、色素沈着(黒ずみ)や熱傷が稀に起こりうること
  • 『治療の詳細な説明』

この時一緒に体温も測られます。

受付が終了したら施術の準備をします。

上半身を脱いでベットに横たわります。

ミラドライ治療開始

1、マーキング

両ワキに薬なようなものを塗布されます。
汗に反応して施術範囲を浮き彫りにするためのもの

当日お風呂に入らないのはこの為です。

2、局部麻酔

マーキングが終われば片方ずつ局部麻酔をします。

麻酔は想像より痛いです。

そして麻酔は1本ではなくかなりの数の麻酔を打ちます。

3、ミラドライ

大量の麻酔を打って感覚が無くなればいよいよ施術の開始です。

ここからは個人差が出てきます。

まず施術中全くなにも感じないという人と

あと熱を感じるという人に分かれます。

機械を当てているときに『熱い、ヤケドのような痛み』を感じる人もいるようです。

あまりに痛みが出る人は麻酔を追加しながら施術してくれます。

片方、約30分ほどで両ワキやれば1時間ほどの施術です。

ミラドライ施術終了

両ワキがパンパンに腫れていると思います。

術後は治療後のケアについて説明された紙と痛み止めをもらって自宅に帰ります。

  • 痛み止め&抗炎症の錠剤
  • 抗生物質入りの軟膏
  • 冷却用のアイスバック

術後は以下の事がNGです。

  • お酒
  • 運動
  • お風呂

ワキに違和感はありますが麻酔が効いている状態なので痛みはないはずです。

ミラドライ流れ4 帰宅後

暫くは麻酔が効いている状態なので痛みはありません

ですが、2時間ぐらいしてくるとワキに焼けるような痛みが来るかと思います。

ミラドライは高温の熱波を当てて汗腺を焼き切っているので

皮膚の奥が炎症状態となっています。

100均の保冷剤があればかなり楽

ミラドライ後の保冷剤

熱傷なので患部を冷やすことでずいぶん楽になります。

ですが、クリニックで処方される冷却用のアイスパックなんてすぐに溶けてしまうので

前日に何個か用意しておくと傷みが酷いときかなりラクになります。

オススメはダイソーで売っている保冷剤です。

施術3日前ぐらいに6個ぐらい買って凍らせておけば患部を冷やすのに使えます。

ここで注意したいのが

ワキは2か所あるということ!

保冷剤は1か所1個使うので2の倍数で用意するようにしてください。

ミラドライ施術当日は、アイスパックが手放せない1日になるでしょう。

施術当日は、お酒、お風呂、運動はNGですが

多分そんな気分にはなれない人がほとんどだと思います。

ミラドライ施術後 3日後

ワキの炎症と痛みはほぼ引いているはずです。

ですがまだ無理をして動かすと傷みが出るという人もいるかと思います。

ミラドライ施術後 1週間後

痛みは完全に無くなっている頃ですが

ワキに違和感がある状態が続いていいるかと思います。

なんかテニスボールをワキに挟んでいるみたいな感じです。

ですが、この頃になれば多少違和感があっても

今まで通りの生活を送れるようになっているはずです。

ワキの違和感も1ヵ月、2か月と経っていけば自然と無くなっていくはずです。

ミラドライ施術の流れまとめ

ミラドライ施術の流れまとめ

ミラドライを受ける施術のながれは大体こんな感じです。

  • カウンセリング
  • 準備
  • 施術当日
  • 施術後

切開施術と違ってダウンタイムがかなり短いのがミラドライの特徴です。

ですがネットでは痛みが全くないワキガ手術として紹介されている事がありますが全くの無痛という訳ではありません。

施術中は麻酔のおかげで痛みは確かにありませんが

問題は施術後麻酔が切れた後です。

人によってはかなり強烈な裂傷による痛みがくるので

痛みが出るか出ないか分からなかったとしても、必ずアイスパックは複数用意するようにしてください。

これからミラドライを受けようと思っている人の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラドライおすすめ 美容外科

二重

人気の記事

  1. ミラドライ後って痛みはいつまで続くのか知りたい方へ術後の痛みってどれぐらい痛いのか、また普通…
  2. 湘南美容外科モニター
    湘南美容外科のミラドライモニターに申し込みをしたいと考えてるあなたいざモニター参加といっても…
  3. ミラドライ口コミ
    ミラドライ 実際に受けた人のリアルな口コミを知りたい方へ切らないワキガ治療のミラドライですが…
  4. ミラドライ施術の流れ
    ミラドライを実際に受けるとしたらどんな感じの流れになるのか知りたい施術後はどんな感じになるの…
PAGE TOP